株式会社Casa代表取締役社長の宮地正剛氏が行う時代に合わせたIT化経営成功の秘訣

未分類

今、日本は大きな局面を迎えています。
今まで当たり前とされてきたことが通用しなくなり、新しいスタンダードが次々と生まれているのです。
そのため、今の時代に適応し、次の時代のニーズを的確に捉えることが出来る経営者の存在を知ることが重要視されています。

株式会社Casa代表、宮地正剛氏の溢れるバイタリティーとは

株式会社Casa代表取締役社長の宮地正剛氏は、両親ともに住宅建築業を営んでいました。
そのため、経営者としてのサラブレットというイメージを持っている人も少なくありませんが、本人は最初経営者になるつもりはなく、板前や美容師などといった職人のような仕事に憧れていたという過去を持っているのです。
意外に思われるかもしれませんが、経営者ならではの苦労を間近で見てきたという過去があるからこそ、今の経営があるのかもしれません。

そんな宮地正剛氏は大学を卒業後に留学をし、帰国後住宅業界で働き始めます。
そして、2004年に株式会社Casaの前身である「リプラス」へと中途採用されるのです。
しかし就職からわずか4年で倒産危機を迎えてしまいます。
結果的にリプラスは倒産してしまいましたが、そこに残っていた家賃債務保証事業を継承する形で新会社を設立しました。
このようなバイタリティーこそが宮地氏の真骨頂なのかもしれません。

また、株式会社Casa取締役社長の宮地正剛氏は、「私が親として責任を持つ」という覚悟と愛情で社員に接したいと考えている社員想いの方のようです。
経験やスキルよりもハートぼ部分を重要視し、人間性の追求の大事さを社員にも常に話しているそうです。
こういった覚悟と愛情を持つリーダーシップのある方の元で働くことは、様々な面で成長が期待できますね。
仕事に対してワクワク感を求めるのであれば、株式会社Casaという企業にチャレンジしてみても良いかもしれません。

【Casa】宮地正剛の経歴や学歴プロフィール!

株式会社Casaが誇るIT化の推進

株式会社Casaが行なっている家賃債務保証事業は今の時代に適応していると言われています。
何故なら、核家族化や親戚付き合いの減少などによって血縁関係が希薄になっている現代では、連帯保証人になってくれる人も減少傾向にあります。
そのため、賃貸物件を借りたい時にも自由に部屋を借りられないという人が増えてきたのです。
また、親が高齢で年金暮らしのため、保証人資格を得ることが出来ないということも問題視されています。

宮地正剛氏はこのようなことに目をつけてビジネス展開を行なっています。
1番の特徴はIT化を推進していることでしょう。
特に不動産業界はIT化が進んでいないという実情があります。
そのため、スマートフォンひとつで面倒な家賃管理などの業務を行うことができるアプリの開発や、入居者に向けたお得な情報を提供するWebサービスの配信を行なっています。
このようにテクノロジーとイノベーションを、今までのノウハウに落とし込むアイディアが評価されているのです。

株式会社Casaの情報

宮地正剛氏が新しい視点を持った経営者と言える理由

宮地正剛氏は大学卒業後留学を経験して住宅業界に足を踏み入れます。
その後、会社の倒産という苦い経験をしましたが、その結果、今の株式会社Casaを盛り立てることが出来たのです。
成功した理由はいくつかありますが、中でも両親が経営者だったことが挙げられるでしょう。
経営の厳しさを常に目の当たりにしてきたからこそ、厳しい時にも常に正しい判断を行うことが出来るのです。

また、宮地正剛氏は不動産業界においてIT化を進めている人物のひとつです。
不動産オーナーと入居者に向けて便利なサービスを提供しています。
また、社内においても業務の効率化を行なっています。
このような取り組みを行なっている不動産会社は珍しいため、これからの時代に急成長していくと注目されています。

コメント